蹴球バターサンド

北海道コンサドーレ札幌を遠巻きに応援するバターのブログ

(import) J1 第8節 浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌 埼玉スタジアム2002

f:id:batasan:20170723111551j:plain

甲府での敗戦から深井の位置(アンカー)に入ったキャプテン宮澤裕樹が覚醒、チーム状態が上がりホームではFC東京も破る勢いのなか、次なるアウェーは首位浦和。このときの浦和はチーム状態が完璧で、前節では仙台をなんと7-0で粉砕する始末(その仙台に札幌は開幕節0-1で負けている)。大量失点を覚悟するとともに、それだけ上手いチームならそれはそれで一見の価値があるだろうと割り切って参戦。
案の定試合は完全な浦和ペースで20分に先制を許すも、34分オフサイドギリギリで抜け出した兵藤慎剛が殊勲の同点弾!


思わず席から立ち上がって拍手を送った。これが私の昨季からの試合観戦でアウェーで札幌が上げた最初の得点ということになる。その後2点を加えられ敗色濃厚となるが、87分に札幌屈指のプレースキッカー福森晃斗が直接フリーキックを叩き込む。丁度自席の真下で描かれた放物線は一瞬現実と思えず、立ち上がって歓声を上げてからゴールに気づくような不思議な体験だった。


残念ながら反撃はここまでで、2-3で敗戦。とはいえこちらも見事な形で2ゴールを上げ、強豪相手に善戦したので悔しさはそれほど無かった。
しかし浦和の攻撃は本当に上手く、かつパスワークが流麗で美しかった。もっとゴリ押しで来るチームのイメージがあったので素直に感銘を受けた。しかもこの後浦和は調子を落とすことになるので、奇しくも一番見応えのある時期のチームを観られたことになる。

入場者数:36,880人
ビジター指定席(前売)3,000円

 

f:id:batasan:20170723111856j:plain

私のサッカー熱がぶり返したのは2010年南アフリカW杯の躍進が大きかったため、いつか代表戦を観にここを訪れるだろうと思っていたけど、結果的にJの試合の方が先になったのは意外