蹴球バターサンド

北海道コンサドーレ札幌を遠巻きに応援するbatasakaのブログ

J1 第22節 ガンバ大阪vs北海道コンサドーレ札幌 パナソニックスタジアム吹田

f:id:batasan:20180816233428j:plain

昨季のガンバ戦は仕事で行けなかったので、吹田初参戦。万博記念公園駅からの道のりはアップダウンが激しくて大変だったけど、外観からしてワクワクし、中に入ってまた感動という素晴らしいスタジアムだった。ピッチの近さはもちろん、余計なものがないというか、サッカーのために作られた感が至るところから伝わってきて、多少無骨さすら感じるところが良い。仙台も良かったけど、あの延長線上にこの吹田があるような気がした。

試合はというとガンバ相手にほとんどボールを支配するも、前半の向こうの数少ないチャンスからPKを取られ失点。かたや札幌はシュートを打てども打てども入らず、チャナティップのシュートはファビオに防がれ、ジェイ、都倉、宮吉のシュートも東口に止められ、いよいよ敗戦かという折にアディショナルタイムの男・都倉がヘディングシュートを叩き込みドローに持ち込んだ。思わず絶叫してしまったゴールの瞬間は、ちょっと仙台戦のチャナティップのゴールを思い出した。


このドローで順位を6位に落としたものの、あのまま破れているのとでは雲泥の差である。次節は上位の東京戦だが、あちらも柏に敗れて流れは決して良くないので、何とかホームの利を生かして勝ちきりたい。というか連戦なのだから、4~5月のようにもっと柔軟なメンバー起用はできないものなのだろうか。三好がジャカルタ遠征でいないし、今節の宮吉や小野のように必然的に機会を得る選手はいるだろうけど。あと石川の怪我が長引くといよいよDFが手薄。菊地は間に合うだろうか。

f:id:batasan:20180815210137j:plain

入場者数:21,203人

ビジター指定席