蹴球バターサンド

北海道コンサドーレ札幌を遠巻きに応援するバターのブログ

(import) Jリーグワールドチャレンジ2017 浦和レッズvsボルシア・ドルトムント 埼玉スタジアム2002

f:id:batasan:20170723113537j:plain

DAZNマネーの一環か、Jリーグの中断期間に行われることになった国際親善試合に参戦。ドルトムントは元々好きだし、比較的行きやすい埼玉ということで是非とも参戦しなくてはならない。
残念ながら負傷の香川は欠場だったものの、試合はダレる時間がない大変な好ゲームで、6万人近く入った観衆の雰囲気も後押しして間違いなく今までの観戦で一番面白い試合だった。一時期調子を落としていた浦和もドルトムント相手に本調子を取り戻し、結果的に2-3で破れたものの、どちらに転ぶか分からない試合を演じて見せたのは素直に感嘆。我が軍札幌もいつかはこれくらいの領域に達してもらいたいものである。
周りにいる観衆もなかなか濃かった。左隣に現れた6人組の男女はフェイスペイントまでしている熱狂的なドルトムントファンだったが浦和の実力は全く知らないと見え、興梠に先制点を奪われたときなど「嘘…」と開口絶句しており、いやいやハマれば日本のチームもこれくらいやるよ、と思わず心中つぶやいた。自分は欧州サッカーもJリーグもそれなりに観るようになったけど、この方々のように面白いサッカーを求めてどうしても欧州寄りになってしまう人もいれば、自分が普段参考にしているJリーグに造詣の深いツイートをしている方々も今日2ゴールを決めたエムレ・モルのことを知らなかったと言っていたりして驚いた。自分は全くのニワカだと思っていたけど、意外とそれなりに分かるようになってきたのかもしれない。まぁこれだけ狭く深くサッカーにハマっていれば当然なのかもしれないが。
後ろの席からは英語の会話が聞こえてきたけど、攻守の激しく入れ替わる様にWhat a good game! 大観衆の人数が発表されるとIt's a premier match! などなど、さもあらんといった感じである。帰りの飯田橋駅構内でも欧米人とおぼしき一団がいたが、何故かケルンのモデスト選手のチャントを延々と歌いながら歩いていて面白かった。

入場者数:58,327人
スペシャルシート バックロアー指定席 12,000円

 

f:id:batasan:20170723113732j:plain

終了後のピッチウォーク。リーグ連覇時の主力スボティッチとヴァイデンフェラーが先導していてちょっと胸が熱くなった。

f:id:batasan:20170723113757j:plain

香川が先導。地上波でやってたのでご覧になった方も多いかもしれませんね