蹴球バターサンド

北海道コンサドーレ札幌を応援するbatasakaのブログ

JリーグYBCルヴァンカップ 決勝 北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレ 埼玉スタジアム2002

埼スタを訪れるのは今年2回目である。1回目は3月2日、いつものようにビジター側の南ゴール裏から見守る浦和戦で、寒風のなかチーム全体が躍動し、2-0で華々しい今季リーグ戦初勝利を飾った。あれから7ヶ月あまり…北ゴール裏から、今度はルヴァンカップの決勝でここを訪れることになるとは、さすがに予想しなかった。こういったときの気の持ち方が分からず、まだ決勝に進むかもわからない段階でリーグからアナウンスされた先行抽選に申し込んでしまい、北ゴール裏のチケットは早々に押さえてあった。ガンバに負ければチケットは紙屑になるところだったのだが、リーグ戦の0-5敗北を見事に覆し、2試合合計2-2アウェイゴール差でガンバを退け、ファイナリストの資格を得た。2016年からの現地参戦で日が浅い私は古参の方よりは緊張しなかったはずだが、いざ試合一週間前にもなると地上波にも取り上げられはじめ、前日頃には血が沸き立ってくるのを感じていた。

埼スタへの道中、駒込駅でユニ姿の私に話しかける者がいる。小さな男の子をおんぶしながら歩いてくる父親だった。「頑張ってください」「知り合いが飛行機が飛ばなくて行けないみたいで」前日の豪雨の影響で、特に航空便には欠航が相次ぐなどの影響が出ており、代替手段で何とかたどり着いたような道内在住者の方が少なくなかったのである。私はというと喉風邪からの病み上がりで、試合前一週間をヨウ素スプレーとともに過ごしたような体たらくであったが、いざスタジアムに着くと、よどみなく声が出せる。一種のアドレナリンだったのかもしれないが、間違いなく心身ともに充実感に溢れているのが分かった。

f:id:batasan:20191026104322j:plain

ふと、2017年10月の味スタを思い出した。あのとき、不調の東京に比べ残留へ向けて意気込む札幌サポーターの勢いが圧倒的で、試合前から勝てる、と確信できるような雰囲気だった。今回はさすがに相手がJ王者の川崎だし、そんな簡単には行くまいとも思ったが、ゴール裏の盛り上がりはある意味あのとき以上だった。初のファイナリストとしての意気込みが全員から伝わってくる。スティングのエコーを快晴の青空に轟かせながら、どんな難しい状況でも声援を送り続けることを決意した。


J公式のアップロードした舞台裏動画を観ると、川崎の選手がウォーミングアップのためにロッカーから出てくるあたりで、札幌のスティングが響き渡っていることが分かる(上記4:15~)。何の勢いもないチームよりも、ああいった圧を試合前から相手にかけるということは、試合を決定的に左右する要素ではなくとも、決して無意味ではないことが分かる。

f:id:batasan:20191026125144j:plain

試合は序盤から動く。福森のサイドチェンジを受けた白井が車屋を振り切ると、ゴール前へクロス。こぼれ球を菅が逆足で豪快に蹴り込んで先制。望外のスタートを切る。このまま試合を運べればかなり優勢、という中で前半ロスタイムに阿部の同点弾を浴びたことは悔やまれたが、トータルで見れば1-1折り返しは決して悪くない。ハーフタイム明けのバビロンの河でチームを鼓舞するも、後半は少し勢いが落ち、よりにもよって終盤の88分に小林の逆転弾を浴びる。もはやこれまでか、と思いながらも、これまでロスタイムに何度もゴールを上げてきたチームの力を皆信じていたのではないだろうか。最後まで、誰も下を向いていなかった。ゴリ押しで得たラストプレーのCK、札幌ドームのゴール裏を思わせるような手拍子の雨の中、福森のインスイングが蹴り込まれる。誰が触ったのか即座には分からなかったが、間違いなく、新井の守るゴールを破ったのを確認したときのゴール裏の狂喜乱舞はすごかった。ハイタッチの雨あられ。背後の大型ビジョンで背番号8のヘディングを見届けたときの、サポーターの熱を帯びたような感動は、言葉にはおおよそ言い表すのが難しい、魂の打ち震えるような時間だった。泣いている人もいた。数々の大怪我を乗り越えてきた深井のことは、サポ歴のそう長くない自分でも分かっているが、古参の方ほど、感極まるところがあったと思う。当然声量は落ちるどころか一層強まり、延長線へ向けてGO WESTが高らかに歌われるなか、不思議と自分も落涙していることが分かった。あれが深井に対するものだったのか、延長まで持ち込んだチームへのものだったのか、今もって分からないが、それら全ての集合体だったのではないかと思う。

延長戦ではチャナティップが谷口に倒され絶好の位置でFKを得る。VARが走る。札幌ゴール裏からはファウルの位置がよく見えず、PKの可能性についての審議かと思ったが、結局は谷口がDOGSOによる退場となった。さらに福森の直接FKは見事ネットを揺らし、札幌の初タイトルはぐっと近づいた。しかし、退場者を出した相手に対してそこまで優位に試合を運べたことがないことが分かっていたから、緩まずに応援をし続けていたつもりだった。のだが…、延長後半、またも小林に決められる。瞬間、嘘、と口からこぼれたことを覚えている。なんというジェットコースターのような試合か。しかしここまで来たら試合終了のその瞬間まで、声を上げ続けるほかない。結局10人を相手に延長の30分で勝ち切ることはできず、PK戦へもつれ込んだ。


ソンユンは6月の等々力でダミアンのPKを止めているが、この日は簡単にセーブとは行かなかった。しかし車屋がPKをバーに当て、札幌のルーカスが決めたところで、またもタイトルの実像が目の前にはっきりと浮かんだ。直樹が決めれば優勝のところを、新井の見事なセーブで阻まれた。良いコースに蹴り込んでいたし、あれはキーパーを褒めるよりない。サドンデスに入り、進藤がスポットに立つ。あとから、相当の勇気を持ってあの場所に立っていたことが分かったが、進藤の姿を見たときに頭をよぎったのは…強心臓に見せかけて、ナイーブなところも持っているはずの男だ。もしこれを外したら…進藤にとっては本当に良い薬になるはずだ。こんな経験、そう得られるものではない。ここで優勝した方がもちろん良いが、仮に敗れるとしたら、これから札幌を支えるであろう若手に、何物にも替えがたい経験を与えた上で敗れるのが、最も理想的ではなかろうか。…これらすべてが試合中によぎったわけではないが、最終的に進藤のシュートは新井の正面を突いた。10時に埼スタに入ってから6時間近く経過していたはずである。試合は終わった。120分でも勝負のつかなかったルヴァン屈指の大熱戦は、PK6人目で勝敗が決し、札幌は準優勝となった。目の前ではっきりと像を結んだタイトルは、静かに雲散霧消した。

その瞬間の私は、事実を反芻するようにしばらく立ち尽くし、川崎がカップを掲げる頃には椅子の上で灰のようになっていた。口惜しい気持ちは確かにあるが、悔いは無いな、と思った。試合のなかにおいて出来ることは、選手が皆やり切ってくれたように思う。またこの舞台に立てる日が簡単に来るとは限らない。だが…正直最近、ちょっとチームを不甲斐ないと思う機会が増えていた。去年ACL目前まで行った躍進を見た直後だからだろう、中位に甘んじてよいのかのごとく、リーグ戦で奮わない選手たちを見ては、もっと出来るだろう、覇気がない、と感じることが多くなっていた。しかしこの試合は…地上波でも放映されていた決勝戦は…誰に見せても恥ずかしくない、ファイナリストの名に恥じない名勝負だった。実際、試合後の報道でも、そのように受け止められていた。このチームを応援していて良かったと、久しぶりに強く思った。そんな試合をこの目で見届けられて良かったと、心底感じた。札幌がタイトルを取る日まで…まだまだ、応援し続けることができる。こんな試合を演じてくれたチームへ、私は心から喝采を送りたい。私はユニフォーム姿のまま、誇らしい気持ちで帰路へついた。

f:id:batasan:20191026100125j:plain

入場者数:48,119人

自由席北

J1 第27節 鹿島アントラーズvs北海道コンサドーレ札幌 カシマサッカースタジアム

この鹿島戦も本来は行く予定に入っていなかったが、今年度は行ける試合が多くない上、秋以降は仕事で土日出勤も多くなりリーグ戦に参戦できるのはこれが最後になるだろうと思われたから、2年ぶりの鹿島遠征を敢行した。キックオフは15時なのに普段仕事に行くのとほとんど変わらない時間に起きて東京駅に向かうも、既にバス待ちは大行列で(他にもイベントが重なっていた模様)、地方への遠征より距離的に近いのにハードルは同等に高いな、などと感じながら高速バスに揺られた。

f:id:batasan:20190928140313j:plain

御神籤で凶を得た鹿島神宮散策を経て、鹿島神宮駅からスタジアムへ。2年前と違いゴール裏での参戦となった今回、前半に進藤の流れの中からのゴールで先制。ゴール裏と反対側でこれをやられると本当に誰が入れたか分からず、やったゴール!誰?チャナ?ロペス?え、進藤!?みたいな気持ちになるが、周りの方々も大方同じ気持ちだったようだ。ゴールを入れたのに笑いがさざなむ選手も他に居ないだろうといったところだが、そんな光景をしれっと生み出すのも彼の能力あってである。


鹿島相手に前半を勝って折り返すという素晴らしい流れも、後半早々にセルジーニョに断ち切られ、1-1ドロー決着。しかし2年前に見た0-3に比べれば、なんと互角に戦えていることか。今日の試合だってジェイと武蔵の両FWを累積で欠いての結果である。去年DAZNから見守った0-0も含め、鹿島相手に白星をあげるのもそう遠い未来のことではないと思わせてくれる、遠路足を運んだ甲斐のある試合だった。

試合後はスタジアム発のバスが混雑するという皆さまの声をいつも通り信じ、鹿島神宮駅まで電車で引き換えしてから高速バスで東京へ。2年前の敗戦の空気感あふれる車内とは違い、確かな進歩と充実感を感じる帰路だった。

入場者数:19,314人

サポシビジター大人

J1 第23節 清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌 IAIスタジアム日本平

本来は行くはずではなかった日本平は、2年前のJ1残留を決めた試合以来。前節のホーム浦和戦が自身の本番とかぶってしまい、札幌に居ながら行けなかった悔しさから、急遽チケットを買い求めて遠征した。

f:id:batasan:20190817170410j:plain

試合は思いもよらぬ結果となった。前半こそ何度か決定機を作られていたものの完封、逆に札幌の攻撃はあれよあれよと得点につながり、終わってみれば8-0の記録的勝利。久しぶりにゴール裏ではなくメインスタンドのビジター寄りに陣取っていた私は、比較的空いているエリアながら当然周りは清水サポーターの姿も少なくないエリアだった。落ち着いて観られたのは悪くなかったが、ゴール裏の発するCome on, JB!!の掛け声が心地よく、ああ、あれに加わりたかったなあ、なんて未練がましい気持ちもちょっと湧いた。

f:id:batasan:20190817172354j:plain

とても逆光


前半はチャナティップの先制点は反対側のゴールだったので、弾かれた後の軌道が見えなかったのだけど周囲の反応でゴールと知る。後半は目の前がゴールだったので、進藤のヘディング、武蔵のミドル、ジェイのハットトリック、福森の弾丸FK、チャナの2点目までよく見ることができた。宮澤キャプテンのシュートは角度的に入ったかと思ったが、逆に言えば枠を外れたシュートを挙げるのが難しいくらいの試合だったわけであり、そんなものはなかなか普通では味わえない。

f:id:batasan:20190817190203j:plain

昨年の9月に等々力で0-7で大敗を味わっている私は、一応惨敗の気持ちは分かっているつもりだ。まして大勝劇をホームで繰り広げられたら…。3-0辺りの幸せな気持ちは、点数が重なるにつれ次第に苦味を帯びていった。素直に自軍の快勝を喜ぶべきとも思うのだけど、どうしても気持ちが立場の弱い方へ向いてしまう。5点目以降、矢継ぎ早に得点が入っていく段になると、私の興味には周囲の反応も入り始めていた。地元のおじさん達が「だめだ、弱えもん」と失笑しながら帰っていく。観戦歴が浅いと思われる男性二人組は、逆に何点まで入るかを楽しんでいたようにさえ見えた。そして夏休みで多かった子供たちは、言葉少なながら最後まで応援していたように見えた。いよいよ苦味は極まったが、去年の大敗後、川崎の残酷なまでの攻撃力を恨みながらも、上に向かうためにはこれくらいの冷徹さ、貪欲さが必要だと分析するよりなかった自分は、それを今度は自軍が繰り広げている事実にまず当惑し、しかし時にこういうこともある、こういうことをできるようになってきた、という実感が…いくばくかの喜びとともに感じられたのは、ようやく帰りの新幹線に腰を下ろした頃だった。

f:id:batasan:20190817195531j:plain

入場者数:14,340人

Aゾーン席

J1 第19節 大分トリニータvs北海道コンサドーレ札幌 昭和電工ドーム大分

松本に続く泊まりがけ遠征。別府と湯布院で悩んだ末に後者に宿を取り、由布岳に囲まれた静かな土地と温泉で英気を養った後、大分駅を経て昭和電工ドーム大分へ。大雨で道程は大変だったが、開閉型ドームだけあって締め切った屋根のおかげで雨には全く濡れずに済んだ。ゲートを通るとすぐにビジターゴール裏が広がっている風景はなかなか壮観で、半屋内で少し外界が見えているのも新鮮だった。この日は梅雨寒により、半屋内は多湿ながら幾分寒く、長袖が目立った。

f:id:batasan:20190713172545j:plain

試合は白井のポスト直撃シュートが相手GKに当たるオウンゴールで先制するも、すぐさまオナイウの空中静止ヘディングで追いつかれ、なかなかボールを保持できずやりたいサッカーを大分にやられているような印象のまま、後半にオナイウに二点目を献上し勝負あり。終始悪かったわけではないが良い時間が少なく、選手のテクニックは素晴らしいのに攻撃も守備も中途半端で時々ミスもあります、という煮え切らないサッカーになってしまっている印象。華麗な技術も良いけど、成功率が低いのならもう少しだけ堅実なプレーを求めたい。

ところで、行きの飛行機を待つ羽田の出発ロビーで、何列か前にKappaのシャツが見えるな、と思い良く見たらアンロペだったのでびっくりした。辺りを見回すとルーカス、白井、荒野、ミンテ、ジェイ、ハリー通訳、宮沢、早坂、ミシャ監督、杉浦通訳、ティー通訳、深井、チャナ、福森、菅野、ヨモさん、ソンユン、ウリセス通訳など次々に選手スタッフの姿が確認できた。同便だったのだ。飛行機の中では菅、藤村、駒井、進藤、武蔵の姿も。もちろん話しかけたりはしなかったが、稀有な経験に心中興奮し、一層の健闘を願ったものである。今回は叶わなかったが、間近に見た彼らが躍動の末勝利を手にする瞬間を求めてやまない。

f:id:batasan:20190713211547j:plain

入場者数:12,384人

ビジターシート一般

J1 第15節 川崎フロンターレvs北海道コンサドーレ札幌 等々力陸上競技場

1月の高校サッカー観戦以来の等々力である。そのさらに前の等々力を思い返すと、悪しき記憶が蘇る。0-7での大敗。北海道地震の直後。バビロンの河をかき消す7点目。誰が悪い何が悪いというわけでもないのだが、やはり屈辱的であったし、いつかあの記憶を払拭するような試合をここで観たい、と思った。今年、同じことが繰り返されるのではないか、という怖さもあったが、一方で去年の記憶が残っている選手ほど、(頭では分かっていても、)札幌に対しての油断を消し去ることは難しいのではないかとも思った。攻めあぐねてくれれば、光明があるかもしれない。そんな予想をしながら、午後休を取った金曜、ユニフォームを回収して等々力へ向かった。

f:id:batasan:20190614173159j:plain

これは着いた直後の写真だが、最終的には金曜夜とは思えないほどの大入りとなった。札幌のスタンドも埋め尽くされたが、北海道からのサポーターはもちろん、関東サポがやはり多いだろうなと思った。そして、0-7、あるいはそれより過去からの、等々力での記憶を払拭したい人が多いのではないか、と思った。ミンテ、早坂、石川のチャントが練習されるなか、妙に早く着いた等々力で待つ試合開始までの時間は、不思議と早く過ぎていったように思う。
ジェイトップ、武蔵シャドーの陣形は今季初めて。急造で上手く行くだろうか、という思いと、二週間の中断があったのだから、という思いが絶え間なく交替する。札幌の時間帯もあり、悪くない立ち上がりを見せるなか、微妙な判定でPKを取られる。しかしレアンドロ ダミアンの真ん中を狙った低い弾道のシュートは、ソンユンの足が残っておりセーブ。ダミアンはソンユンが跳ぶのが見え咄嗟に真ん中へのシュートに変えたようだが、195cmあるソンユンの足が残っていた。ソンユンをよく知らないダミアンのPKだったことがプラスに働いたかもしれない。札幌ゴール裏は一気呵成に盛り上がり、39分にはジェイに対応したジェジエウのファールがPKとなった。

キッカー武蔵がしっかり決める。ブログを書き溜めていて思ったけど、自分の現地参戦としてはルヴァン三ツ沢以来に生で観られたゴールだったこともあり、ゴール裏でのハイタッチがまたひとしおだった。そしてリーグ戦ではノーゴールで久々の復帰戦なのに、未来ある武蔵にキッカーを譲るジェイの心意気もまた、特筆されるべきである。

後半は一転して川崎の猛攻を浴び、札幌はほぼ何も出来なかった。しかし鬼神のごとくソンユンが立ちはだかり、川崎のシュートをほとんど跳ね返した。唯一、ダフり気味の小林のシュートに上手く対応できず、一点を許したものの、あれだけのシュートの雨を一点に抑えたのは間違いなく守護神の功績であり、というか守備陣や中盤はもう少しソンユンを楽にしてあげられなかったのか、とも思うが、そこも含めて川崎の強さなのだろう。

試合後ゴール裏に挨拶に訪れた札幌の選手のなかで、最も足取りの重かったのが守護神だった。ソンユンは、点を取られたときに「気にするな、行こう」というタイプのキーパーではない。「やってしまった」と思い続けるキーパーである。それはある種の脆さかもしれないが、その責任感の強さが次へとつながり、札幌の正GKであり続けているのだろう。誰もが一つのミスを気にするな、と看過するところを許せないキーパーに対して、ゴール裏からはこの日一番の大きなチャントが送られ、ソンユンがロッカーに消えるまで止まなかった。

f:id:batasan:20190614184034j:plain

1月の等々力でも観た檀崎はベンチ入りしたものの出場なし。今後に期待だ。

入場者数:22,609人

ビジターA自由

J1 第12節 FC東京vs北海道コンサドーレ札幌 味の素スタジアム

もっとも行きやすいはずの味スタだが、吉祥寺からのバスがなくなり若干面倒になった。

f:id:batasan:20190518123958j:plain

このブログの最初に登場するのが味スタである。閉塞する日常の打破のため、思い立って近くでやっているJリーグを観てみようと当日券を求めた。あのときはバックスタンドの上層でひっそりと観ていたが、今はゴール裏が当たり前となった。一番印象的なのは、やはりジェイの2ゴールで勝った2017年10月だろうか。

さて、首位を快走するFC東京はやはり強く、ミスからの失点の後に久保建英にも決められ0-2敗戦。2017の昇格以来、J1で東京は比較的相性の良い相手ではあるが、いよいよリーグ戦で負けを喫した。この東京が去年のように夏から失速するのか、はたまた。後半戦相まみえるときには、どのような結果が生まれるだろうか。

f:id:batasan:20190518133811j:plain

雨の印象が強い味スタ。久しぶりに降られなかったが、試合は悔しい敗戦となった。

入場者数:24,772人

ビジター自由

J1 第11節 松本山雅FCvs北海道コンサドーレ札幌 サンプロアルウィン

今季初の泊りがけの遠征。松本に手頃な宿が取れなかったため、諏訪湖のほとりで一泊。松本城観光はあきらめ、朝に諏訪湖のほとりを歩いてみた。上着必須の寒さではあったが、良い空気をたくさん吸うことができた。

ひるがえって昼のアルウィンは日差しが凄まじく、半袖でも真夏のような暑さ。松本の紫外線はそもそも強いらしく、来場グッズにしっかりUVカット乳液を入れてくださっていたにもかかわらず、その存在に全く気づかなかった私はこんがり焼けた。頭だけはタオマフでしっかりガードしたが、それをしないと倒れそうなくらいの陽光に、雨とはまた違ったタフな観戦を強いられた。

f:id:batasan:20190512111823j:plain

試合中にも松本空港への飛行機が飛び交うアルウィンでの一戦は、互いに決め手を欠きスコアレスドローに終わった。チャナティップアンデルソン ロペスを欠く札幌はなかなか攻撃の形を作れず。暑さの影響もあったかもしれない。ゴール裏も若干暑さにやられていたこともあり、ハーフタイムにはコールリーダーの喝が入った。後半頭、ゴール裏は若干盛り返したように思う。

こういう上手くいかないときをドローで狡猾にしのぎ、いずれは勝ちにつなげていくことが強豪への道だろう。

f:id:batasan:20190512111844j:plain

入場者数:16,646人

アウェイ自由席